リラモードにはどんな効果が期待できる?デメリットや害についても調査してみた

今芸能人やインフルエンサーが使用していることで人気が爆発し、すでに海外では人気が出ているCBDオイル。

普通の電子タバコとは違って、健康面に大きな効果が期待できるということで注目されています。

そこでこの記事では、リラモードのメリット・デメリットを紹介するのでぜひ参考にしてください。

リラモードとは?

リラモードは「CBDリキッド」というCBD成分を使用しているのが特徴で、このCBDとは「カンナビジオール」のことで麻由来の100%天然成分です。

日本においても合法に使用することができ、摂取することで多くのメリットを享受できます。

この成分にはいくつもの効果が認められており、気軽に摂取することができるリラモードには以下の効果が確認されています。

睡眠導入・リラックス効果

CBDを摂取することでリラックスした状態になることができます。

リフレッシュしたいときや、就寝前に利用することで深い眠りに導いてくれるので、疲れを癒すことができます。

ストレス緩和

生きているだけでも溜まってしまうのがストレス。

そんなストレスを和らげてくれる効能もあります。仕事の合間や、休みの日にゆっくりしたいときに利用すると落ち着いた気持ちになります。

たばこの代替品として利用できる

リラモードはつい口寂しさにタバコを吸ってしまうという人や、ストレス発散にタバコを吸っている人が利用すれば、たばこの代替品として利用できます。

禁煙するための電子タバコとして利用するとリラックス効果も得ることができるので、禁煙により効果的だと言えるでしょう。

継続しやすい使い捨て・フレーバー

リラモードミニはスティックタイプの使い捨てで利用できる電子タバコです。

そのため、メンテナンスやリキッドを入れるという作業は不要なので、気軽にCBDを継続して摂取することができます。

また、リラモードには、「ベリーメンソール」「ベリー」「マンゴー」の3種類展開されているので、好みの味でCBDを摂取することができます。

味が苦手でCBD摂取を途中でやめてしまう方も多い中、日本人好みに研究されたフレーバーのリラモードは、美味しくCBDを摂取することができるのです。

リラモードに害はある?デメリットを紹介

これだけ良いことづくしのリラモードですが、害はないのでしょうか?

メリットだけでなく、リラモードのデメリットを見てみましょう。

必ずしも効果があるわけではない

CBDを摂取して得られる効果は、人によって差があるため、必ずしも全員がメリットを享受できるわけではありません。

しかし、これは体質的な問題であってリラモードに限らず、健康食品やサプリメントでも同じことが言えます。

ただ、摂取方法を変えてみるなどの工夫をすることで効果が得られたという例もあるので、色々と試してみると良いかもしれません。

多量摂取で副作用の可能性

CBDは多量に摂取すると以下の副作用が起きた事実があります。

肝機能障害の可能性
眠気
下痢・食欲減退
気分の変化
男性の生殖毒性
他の薬物の代謝に影響
アルコール又は、他の中枢神経系抑制薬と一緒に使用すると、眠気や鎮静効果が高まる可能性

これらをみると不安に思うかもしれませんが、多量に摂取した場合の副作用ですので、リラモードの用法・用量を守ればこのような事態にはならないので安心してください。

まとめ

リラモードは、手軽にCBDを摂取することができる電子タバコです。

継続しやすいのが特徴的で、美味しくそして禁煙もできるというのにデメリット・害がないので非常にお勧めです。

現在、リラモードではお得なキャンペーンも開催しているので公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です